フリースペース「したいなぁ〜松戸」&松戸−登校拒否を考える会「ひまわり会」
ホーム代表者と顧問医師のコラム

カウンセリング 2003.1.3

 カウンセリングと表現すると、特殊な仕事のように感じられますが、日本語に直すと相談という意味です。ですからカウンセリングとは心の問題だけにあるのではありません。どんなことでも相談することがカウンセリングであり、相談を依頼する人がクライエントであり、相談を依頼される人がカウンセラーです。カウンセラーという公的に認定された職業はありません。相談を受ける限り、相談を受けた人はカウンセラーとして、料金を貰おうと無料でおこなおうと、それは相談を受ける人の自由です。

 医療の傍ら、登校拒否、不登校、引きこもりの相談を受けて数年になります。カウンセリングの基本は、ただただ訴えを聞いて、共感してあげることです。訴えを聞いても、決して評価を与えないことです。ですから、いわゆる専門的な知識は必要としません。かえってない方が、訴えをすなおに聞くことができます。

 子どもに対するカウンセリングはほとんど必要がありません。子どもの話を聞きながら、子どもの全てを認めようとします。親に対しては、親が落ち着くまで、親のありのままをやむを得ないと認めます。親の受け取り方を見ながら、子どもの目線や子どもが十分に信頼に足ることを教えてあげます。親が落ち着けば子どもも落ち着いてきます。登校拒否、不登校、引きこもりのカウンセリングには、子どもへの確固たる信頼と子どもの目線だけは知っておく必要があります。それは登校拒否、不登校、引きこもりの経験者とつきあうことで知ることができます。

 一番難しいのは、親が具体的な対応策を質問してきたときです。具体的な対応はいらなくて、子どものありのままを認めて欲しいと伝えても、親は納得しない場合が多いです。私の場合医者(現代の精神医学や心理学を信用していない)で、脳科学的な見方ができますから、その子どもに即した答えを出してあげられますが、多くの方では「How to」になってしまうようです。

仮面を被った子供達(小、中学生に限定する) 2003.1.20

{仮面を被るとは、良い子を演じるとは}

仮面を被るとは、良い子を演じるとは、子どもが嫌な情動刺激を受けたとき、見かけ上情動反応からの動物的な回避行動や不適応行動を示さないで、それまでに学習た知識を用いて習慣の心から反射的に、周囲の大人に受け入れられるように反応することです。見かけ上は大人の求める理想に近い反応や行動をする子どもの反応の仕方です。時にはその反応が大人びていて、子どもらしさが無いように感じられます。

 仮面を被る、良い子を演じるには、過去に仮面を被るための、良い子を演じるための知識を学習していなければなりません。それだけの学習をしておくためには、子どもはかなり知的に高くなければなりません。本来良い子供で、知的にも優れている子どもが、辛い状態になると、仮面を被る、良い子を演じるようになります。

 仮面を被る、良い子を演じること自体は、子どもにとって辛いことでも、努力を要することでもありません。子どもは受けた刺激に反射的に習慣の知識から反応しているだけです。けれど同時に情動の心が反応して、辛い症状が体中に出ています。子どもはその辛い症状に耐えています(耐えられなくなったときに仮面を取っている、良い子を演じるのを止めている)。大人の目から見たら、とても良い子で問題ないと考えられやすいですから、大人はその子どものためと思って、結果的に子どもに辛い思いをさせ続けることになります。大人からは、とてもそのようなことはあり得ないと思える状態の子どもが、その心の中で辛さに耐え続け、新たに心を傷つけ続けています。

{子ども達の心の状態からの概念的な分類}

 現在の子ども(小中学)たちの心に大きな影響を与えているのは学校です。殆ど全てと言って良いほどの子どもたちが、学校との関係で心を成長させています。学校との関係で子どもたちの心を見ることで、実際上子どもたちの心を知ることができますし、そうすることで問題もありません。

 現在の子どもたちを学校との関係で見るなら、子どもたちは概念的に、考え方として、大きく三つに分けられます。正確ではありません。その三つの子供達の区別の仕方は、

1)学校へ問題なく行っている子ども、

2)学校へ行き渋る子ども(登校拒否)

3)学校へ行こうとしない子ども、行くことが出来ない子ども(不登校)

とで、区別できます。

2)の学校へ行き渋る子どもと、3)の学校へ行こうとしない、行くことが出来ない子どもとの区別はさほど難しくありません。1)の学校へ問題なく行っている子どもと、2)の学校へ行き渋っている子どもの区別は大変に難しいです。

 子どもが仮面を被る、良い子を演じるという意味では、1)の学校へ問題なく行っている子どもはありのままの自分で仮面を被らないか、即ち子どもの本心から良い子である場合か、良い意味で仮面を被る、良い子を演じて、それを自分の経験や知識として、心を成長していっている場合です。多くの子どもがこれに属します。

2)の学校へ行き渋る子どもは、辛い刺激を受けなければ仮面を被らないで、即ちありのままの自分で良い子でいれます。ところが辛い刺激を受けたときには、元来ならありのままの自分で反応して不適応行動を取るのですが、相手を選んで仮面を被り、良い子を演じてしまいます。そこには理由はありません。単なる反応の仕方です。なぜ、仮面を被る、良い子を演じるような行動を取るのか、それは解りません。情動反応の表現として、これらの行動が選択されているだけです。最近、子の状態の子どもの数が増えてきています。

3)の子どもは仮面を被る余裕が有りません。良い子を演じる余裕がありません。辛い刺激を受けたら(辛い刺激は自分の中で作られることもあります)、ありのままの自分で反応して、不適応行動を取ってしまいます。ただし、辛い刺激が無ければ、ありのままの自分で、良い子でいれます。不適応行動を取ることはありません。不登校、引きこもり、不良行為をする子どもたちです。

{先生と子ども}

 ある割合の子供達は先生の前では仮面を被っています。良い子を演じています。子供達は親からも、先生からも良い子であることを求め続けられて育ってきています。子供達はそのために、先生の求める形になろうと、習慣の心から反応します。先生方から見た子どもの姿がその子供の自然体の姿ではない状態の子どもがかなりの数います。受けた刺激に素直に反応することなく、過去に学習した知識で反応している子どもがかなりの数います。先生方の見ている子どもの姿とは通信簿に良い点数を着けて貰うための子供達の姿である場合(仮面を被る、良い子を演じる)があります。その子どもが知識から振る舞っている姿を、その子どもの本当の姿だと判断しておられる先生方が多いようです。「あんないい子が?」と先生方は言われます。子どもが習慣の心から反射的に良い子を演じている姿を子どもの本当の姿だと思っておられる先生方の大きな落とし穴です。子どもの本当の姿は先生の居ないところで見られます。ある意味では、先生と言う立場からでは、子どもの本当の姿は見ることはできないと考えても過言ではありません。ただし、その良い子を演じている子どもがその演技が子どもの本当の性格に移行すればそれでいいですし、また、多くの子どもがそれをしています。学校へ問題なく行ける子どもたちはそれをしています。ですが、良い子を演じられなくなったとき、いろいろな問題を生じる子どもとして気づかれることになります。つまりこころの傷が疼きだして、良い子を演じられなくなった子供達です。

 多くの先生は、子どもが良い子を演じるのを、それが子どもの本当の姿だと判断しています。子どもが良い子を演じるのを止めたとき、先生はこんなはずではなかった、子どもが問題だと考えられます。子どもは周囲の環境に順応しようとして、無意識ですが、精一杯成長しています。その成長の過程で子どもの心が傷ついて、仮面を被ることすら出来なくなり、不適応行動を起こしたとしても、子どもには全く責任がありません。子どもに責任を求めることは間違いです。

{親と子ども}

 本質的には先生と子どもとの関係と同じですが、親と子どもには生まれ落ちてからそのときまでの親子の信頼関係があります。親子の信頼関係が強ければ子どもは仮面をかぶらない、よい子を演じる必要がなくなります。信頼関係がないと子どもは親の前でも仮面を被る、よい子を演じなければなりません。

学校での体罰 2003.2.8

 文化省から2001年度の体罰が、小学校から高校までで955件1579人の子供が体罰を受けたことになっています。これは学校側が隠しきれなくて報告した体罰の総数でしょうから、本当はもっともっと多いと思われます。体罰を受けても親に言えなかった子供、親に言っても親から「おまえが悪いんでしょ」と言われて無視された子供、家庭の都合で学校に抗議にいけなかった親もいるでしょう。それらの結果の被害者は全て子どもたちです。

 文化省から発表された体罰はほとんど全てが子どもたちの体に加えられた暴力です。子どもたちに加えられた暴力は体に傷を付けたから発覚しています。体につけた傷以上に問題なのは子どもたちの心につけた傷です。心につけた傷は外から見えません。けれどその心の傷が子どもたちを苦しめ、子どもたちが登校拒否や不登校になっていっています。子どもたちが登校拒否、不登校になると、今度は子どもたちの苦しみは無視されて、辛い学校へその子どもたちを戻そうとする対応で、子どもたちは苦しめられることになります。

 学校の中では立法官も、行政官も、警察官も、司法官も、すべて教師です。教師の意向に反する子どもたちは罰せられ、子どもたちが自分たちのありのままの正当性を主張すると、それもまた罰せられて、時には体罰を受けています。それも教師が子どもたちを愛するがためだ、かわいい子どもたちを正すためだという名目で、子どもたちの意志を全く無視して行われています。現在の校の中で、多くの子どもたちは学力を伸ばしているかもしれませんが、その一方で教師たちが自分たちの職場を守ることを優先するために、深く心を傷つけられて苦しむ子どもたちをも作っています。

万引きについて 2003.2.27

 あるテレビニュースで、調査した小中学生のほぼ全員に万引きの経験があるとの報道がされていました。どのような調査をしたのかはっきり示していませんでしたから、その結果をそのまま素直に信じるわけにも行きませんが、かなりの数の子どもたちが万引きをした経験があることは事実のようです。それらの子どもたちは「万引きは悪いこと」と知っていると報道されまていした。けれど自分が万引きをしたことに関しては、欲しかったからと釈明し、悪びれた様子が無かったようです。

 子どもたちは、知識としては万引きは悪いと知っています。調査の中で、万引きが悪いと言わなかった子どもたちは、調査についてまじめに答えていなかったのだと思います。意図的(思考を重ねてという意味でなくて、習慣の心から、反射的にという意味です。すでにこの種の調査など、社会からの働きかけに不適応行動を取ることを学んでしまっている子どもたちです)に、別の答え方をしたのだと思います。

 日本文化の中で成長している限り、子どもたちは万引きは悪いことと学習しています。それと同時に、このような調査について、調査を受けることを遊びにしてしまっている子どもたちもいるといます。それ自体は決して悪いことではないのです。調査する方の、調査の仕方が悪いのです。

 万引きをした子供の親の中には「たかが万引きぐらい」と言う親もいました。親たちは進学に必要な知識ばかりを求めて、子供の心の成長を無視している傾向を表していると思います。子どもたちが生活していくのに必要な知識を発展させていくのを、無視するだけでなく、阻害していると言えると思います。この種の知識の発達が、人間として社会生活をしていくのに大切なことをこの種の親たちは知ってはいますが、無視(学業が将来の物質的な豊かさを保証していると信じ、それを優先しているためだと思います)していると思います。これらの親たちは子どもたちの万引きを、子どもたちの間ではよくあること、あって良いとは思わないが、深刻に考える必要がないこと、放っておけばそのうちにしなくなることだと思っているようです。

 万引きとは他人が店で売るための商品として陳列している物を盗む(代価を払わないで取る)ことです。自然界にあるような、誰にも属していないような物を取るのとは違います。親の所有物を取るのとは違います。万引きを悪いことと決めたことは人間です。万引きが悪いことだからしてはいけないという知識は、人間の約束事です。知識が少ない幼い子供が万引きをするのは決して異常ではありません。幼い子供は生活の中で、他人が所有している物を取っては行けないことを、自然と学習していきます。自我の成立とともに、自分の物、他人の物という概念が成立していきます。自分の物が取られるという経験から、人の物を取ることの問題点を、自然と生活の中で学習していきます。知識が不十分で他人の物を取った結果、親やその他の大人から罰せられたという経験からも、盗むという概念が、盗むことは悪いことだという知識が形成強化されていきます。これらの知識は一生続いて、有効に機能していくはずですし、機能していきます。

 現在の教育は知識の詰め込みです。親も社会も子供に「万引きは悪いこと」と知識では教えています。けれどその知識が、子どもたちの生活に役立っていない事実(経験していないために強化されていない)があります。子どもたちが持つ知識から、子どもたちが行動しようとしていません。子どもたちの持つ知識を使って行動すべき状況下で、子どもたちの持っている知識からの行動を行う経験をしていない、練習をしていない事実です。持っている知識を利用して生活をする練習ができていません。子どもたちは知識ばかりを詰め込まれていて、その知識が生活に役立っていないこと自体は、現在の教育の性格上やむを得ないところがありますが、この万引き一つを考えても、現在の教育の在り方を変える必要があります。つまり子どもたちの知識を生活に用いる練習や、子どもたちの情動にもっと注目した教育を考える必要があります。親たちも、子どもたちの知識から行動する機会があるのに、子どもたちの知識から行動をさせようとしない問題点があります。

 非常に幼い子供のように、盗むという概念のない子供立場別として、盗むことが悪いことであると知っている子供が、あえて万引きをする理由には、前記の子どもたちの持っている知識を使う経験がない場合のほかに、子どもたちに加わっているストレスがあります。ストレスによって、普段は全く万引きをしない、しそうもない子供が、突然万引きをしてしまいます。万引きの際の心の緊張(冒険心のような物、新奇刺激に属する)がストレスをうち消してくれるからです。子供によってストレスの内容は異なります。けれど子供にストレスが加わった状態の時に、子供に欲しい物があるときに、時には別に欲しいと思っていなくても潜在意識で欲しい物に、反射的に欲しい物に手を出して万引きをしています。後から振り返って、自分が欲しいと思ったからと理由付けをしています。その万引きをする際の子供の行動は発作的で、無意識ではありますが、それまでのその子供の経験がフルに生かされて行われるところが、私達子どもの心を研究している者にも、とても分かりづらいところです。

 動物の行動は、同一の行動を繰り返すことで、習慣化していきます。状況が整うと反射的にその行動を行うようになります。それは子どもの万引きにも当てはまります。習慣化した万引きの習慣性を取り除くのは大変に難しいです。いわゆる癖という物に相当しますから。その結果、いくら学業ができてもその子どもの一生を台無しにしてしまう場合があります。大人になっていくら社会的に認められた地位を獲得しても、何かの折りにその人の一生を台無しにするようなことをしてしまう場合すらあります。

見えない不登校は実質的に不登校 2003.3.11

 不登校新聞3月1日の論説「見えない不登校」を読んで、勇気づけられて、意見を述べさせていただきたいと思います。

 不登校とは、大人が納得する理由がないのに、子どもが学校へ行かないことです。この不登校という概念を用いる限り、内田さんがご指摘のいろいろな事実の子供達は、形の上で登校していますから、学校側が不登校として扱わなくても非難されないわけです。学校側がこれらの子どもを不登校問題の対象外にする理由になります。けれどこれらの子供達に学校へ行かす対応を止めたなら、これらの子供達は学校へ行かなくなります。実質的に不登校状態の子供達です。

 ただ単に、行政側や学校側の「不登校の子供の数を減らす」という目的のために、実質的な不登校の子供に、見かけ上、不登校になっていない行動を取らせる対応が続けられています。それを内田さんは「見えない不登校」と表現なさいました。そして今回の「協力者会議」の目指しているのも、不登校の子どもを「見えない不登校」にする対応を行政が後押しするようになっています。

 不登校の子どもや「見えない不登校」の子どものように、学校へ行きづらくなっている子供達の状態を登校拒否といいます。不登校とは、子どもが学校へ行かない状態ですからわかりやすです。不登校以外の登校拒否はわかりにくいから、いろいろと理由を付けて、不登校とは別として考えています。「見えない不登校」の子供達を目に見える不登校にさせないために、大きな労力とお金を掛けています。

 「見えない不登校」の子供たちを学校へ戻そうとする現在の対応が本当に好ましいものなら反対をしません。ところが「見えない不登校」の子供達も、登校刺激を受けている不登校の子どもたちと同じように苦しんでいます。親や周囲の大人達が理解しようとしないストレスを受け続けて辛い状態になっています。それに気づかない現在の学校の対応は、一時的には不登校の子どもを「見えない不登校」の子どもにします。けれどその後に、子供達はいろいろな症状を強く出しますし、辛い状態での不登校や引きこもりと言う形で動けなくなってしまいます。学校側では「みえない不登校」の状態で子どもを卒業させてしまえば一件落着でしょうが、当の子どもは、その後も長い時間、いろいろな辛い症状で苦しみ続けなければならないのです。

 ストレスを与えることが良くないことは医学的にも認められています。けれど行きたくない学校へ行かされるというストレスで、子供達が苦しむことは体に悪いことだとは、大人達は考えないのです。現実に学校へ行かせることでストレスを与え続ければ、子どもの心と体がおかしくなってしまうのは大人と同じです。それなのに、不登校の子ども達にストレスを与え続ける対応を続け、子供達にかかっているストレスをいろいろな理由を付けて無視し続けるか、そのストレスを自分で克服しろと言っているのです。大人でもできないことを、子ども達に要求しているのです。そしてストレスの結果子ども達がいろいろな病的症状を出したときには、子どもは病気だから治療しなければならないとするのです。

医学的に不登校を考えるなら 2003.3.23

 医者として不登校の子どもに関わり合って十数年になっています。私が医者として不登校の子供達を見ていると、現在の学校や教育委員会の対応に、否定的に成らざるを得ません。その理由を述べてみたいと思います。

 不登校だった子どもが、不登校になる前の元気な状態で学校へ行きだしたのでしたら、全く問題が無いのですが、今までの私達の経験から、不登校の子どもを不登校になる前の元気な状態に戻すことは、大変に難しです。学校の先生の対応、友達の対応で子どもが学校へ行きだし、その過程の中で不登校の子どもが元気になった例もありますが、それらはほんの一部であり、多くの場合、先生の対応や友達の対応で、不登校の子どもはかえって状態を悪くしています。多くの場合、不登校の子どもの親でない人達には、不登校の子どもを元気にすることはできない場合が多いです。それも不登校の子供の親でさえ大変に時間が掛かることがわかります。

 私が数百人の登校拒否、不登校の子どもを観察する限り、不登校の子どもに学校へ行けるような状況を作り、子どもが学校へ行きだした場合でも、またすぐに学校で辛い経験をして、前にも増していろいろな神経症状、精神症状を出して、不登校になる場合が多いです。また、長く学校へ戻れた場合でも、学校を卒業後にいろいろな身体症状、精神症状を出して、引きこもってしまう場合が多いです。これは不登校を経験した子どもを学校へ戻すためには、今までの対応ではまずい場合が多いことを示しているのです。不登校の子どもを学校へ戻すには、どのような対応が良いのか、それをはっきりとさせる必要があります。それも今までの対応ではまずい場合が大半なので、はっきりとした不登校の子どもへの対応での良い方針が見つからない限り、不登校の子どもを学校へ戻そうとすることは、不登校状態を強めることになります。現段階では学校の対応や一般の対応は、医学上も好ましくないようです。

 医学上から言うなら、不登校の子どもの反応はストレスからの反応そのものです。不登校の子どもには学校がストレスになっています。ストレスの原因は何であれ、結果的に学校がストレスになっていることを、現在多くの医者が感じているところです。ストレスを人に与えると、人はいろいろな身体症状や精神症状を出すことが分かっています。大人ではストレスに対する配慮はいろいろと取られるわけですが、こと不登校に関してはストレスに対する対応が学校で取られないばかりか、ストレスの原因となっている学校へ子どもを行かそうとする対応がより一層強められようとしています。学校がストレスになる原因を解決しない状態で学校へ子どもを戻そうとする対応は大変に危険です。医学的な事実を無視して、不登校の子どもを学校へ戻そうとする対応は、学校として大変にゆゆしい問題であることを指摘しておきます。

 不登校の子どもの学校がストレスになっていることが自体が問題であり、不登校の子どもにとって、学校にストレスを感じないようにしようとすることを考える人もいるようです。ところが、大人でもストレスの存在する状態でストレスを無くする対応は大変に難しいです。まして学校内での問題点が解決されない状態で、ストレスを感じる学校へ不登校の子どもを戻して、不登校の子どもの性格を変えようとする(行動療法を念頭に置いた学校の対応)ことは却って子どもにストレスを与え続けることになり、ストレスに対する反応を強めるばかりで解決には成りません。これは医学的にはっきりと言えることです。

 不登校の解決は決して子どもの形の上での学校復帰ではありません。学校で不登校だった子どもについて、学校でストレスを感じなくなる状態が、不登校の解決です。学校がストレスにならない状態になるまで、不登校の子どもを学校へ戻すべきでないことは、はっきりと医学的に言えることなのです。そうしないなら、不登校の子どもにとってストレスにならない学校を作る必要があります。ただし、学校内の問題が不登校の子どもにとってストレスになるのかならないのかは、個々の不登校の子どもの心の問題であり、学校内での問題をその学校なりに解決したからといって、不登校の子どもにはストレスにはなっていない、ストレスにならなくなっている、と言う様なことはあり得ないのです。

教育基本法に欠けているものは 2003.4.9

 教育基本法の改正が取りざたされています。その中で教育の危機が叫ばれています。本当に教育の危機が存在するのでしょうか?不登校の子どもの数の増加や学級崩壊を危機と言うなら、それなら危機かも知れません。それ以外のいじめや非行などは昔からあったことであり、今に始まったことではありません。

 これらの学校側からみて子どもたちの不適応行動の原因は、子どもたちにありません。これらの不適応行動を取った子どもたちは、自分たちの通う学校の中で一生懸命生活して、その結果どうにもできなくなって、これらの不適応行動を取っています。子どもたちがやりたくてやっている不適応行動ではありません。学校側や教育行政側では認めたくないでしょうが、原因は学校の中にあります。教師が多様性のある子ども達への対応をしきれないことにあります。これらの子どもたちの不適応行動が問題にならなかった時代には、教師は子どもたちの多様性を問題にする必要がありませんでした。教師達が子どもたちをどんどん引っ張っていけば、当時の子どもたちはついてきました。けれど現在ではそれができなくなっています。教師達は自分たちが子どもたちを引っ張れなくなった責任を自分たちの能力でなく、多様性のある子ども達に転化しています。

 多様性のある子どもたちへの学校側の対応も少しずつ変わってきています。一学級内の子どもの数を減らしたり、ゆとりのある授業や、子どもたちをいかに引っ張っていくかの研究がなされています。一見子どもたちの立場に立った対応のように見えますが、依然として学校側が子どもを全体として見ていて、子ども一人一人を丁寧に見ていない事実があります。授業の際の子どもの姿は、あくまでも授業という条件下の子どもの姿であり、成績という評価のために多くの子どもたちは良い子を演じています。子どもたちの無理をした姿なのです。子どもたちは教師の目の届かないところで、良い子を演じることを止めています。それが生き生きとした、その子どもらしさであったならそれでよいのですが、子どもたちの中にはいじめなどの不良行為を行っている場合もある事実を教師が信じようとしていません。教師は自分の見た、授業中の子どもの姿しか信じようとしないのです。

子どもに教科書の知識を教えるだけなら、塾の先生の方が上手かも知れません。現在子どもたちが教師達に求めている物は、子どもたちがありのままの姿でつきあえる教師です。良い子を演じている子どもについても、良い子を演じることが子どもの喜びになるような教師です。教育基本法に不足している物は、「子どもたちが信頼できる大人、その結果子どもたちから信頼される教師」の姿を求めることです。

オルターナティヴ 2003.5.18

登校拒否、不登校の子どもには、教室に入れないなら、保健室やスクールカウンセラーの部屋へ行くことが求められています。学校へ行けないなら、適応指導教室などの教育施設に行くことが求められています。しかし、学校へ行けないなら、自宅学習という選択は実際には存在しても、公には認められていません。その理由は、きっと学習したかどうかを調べようがないことが考えられます。自宅学習といわゆる引きこもりと区別できないことがあげられます。義務教育という名前にこだわって、文科省がその責務を放棄していると考えるのでしょう。子どもは集団に入って、社会性を学習すべきという考え方もあるのでしょう。そこには自宅でしか自分を取り戻せない子どものあり方が全く無視されています。その子どもなりの成長という考え方が全く無視されています。

いわゆる引きこもりと書いた引きこもりには、家の中で元気にしている引きこもりの子どもたちと、いろいろな病的症状を出して苦しんでいる引きこもりの子どもたちを指しました。いろいろな病的症状を出して苦しんでいるこの子どもたちには、学校に相当する勉学を期待することは不可能でしょう。害はあっても益はないです。家の中で元気にしている子どもたちには、場合によっては学校に相当する勉強もできる場合もあります。それ以外にも、学校やその他の教育施設に行かないけれど、家の中ばかりでなく家の外でも生活できる子どもも、場合によっては、自宅学習なら可能でしょう。

自宅学習はその子どもの親に、経済的な、時間的な、精神的な、大きな負担がかかります。日本の場合、親は心の豊かさよりも経済的な豊かさを求める傾向があります。親は子供に自宅学習をしようとはしません。学校に子どもの全てを任せ、親に負担になることを嫌います。親は自宅学習をいやがって、子どもを学校や他の教育施設に子どもを押し出そうとします。その結果苦しむのは家庭でしか生活できない子どもたちです。子どもたちが苦しむと、家庭の中がその影響を受けて親が苦しむことになります。

学校に行けない子どもたちにとって、フリースクールなどの教育施設は大切な選択肢です。それらの教育施設が充実することを望みます。けれど問題の一つは、多くの学校に行けない子どもたちに取って、学校の臭いのするところでは大変に辛くなることを、知らない大人が多いです。学校へ行けないなら、適応指導教室などの学校に関連する場所に行くように、子どもに求めます。学校でなくても、そのような学校の臭いのするところを、学校に行けない子どもたちは拒否するようになります。

学校の臭いのするところ、と書きました。それは実際に臭いがするわけではありません。学校の雰囲気や、子どもが学校で感じた物と同じ感じを、学校外の場所が子どもに与えることを、指しています。特に、学校と同じ情動を生じることを、学校の臭いがすると表現しています。学校で辛い思いをした子どもが、学校外の施設で、学校と同じ情動を生じるとき、そこでは学校の臭いがすると表現します。不登校の子どもは、情動で学校を拒否しています。学校の臭いのする場所を、不登校の子どもは拒否します。もっと正確に言うなら、不登校の子どもが学校外の場所を拒否するとき、そこにはその子どもにとって、学校の臭いがすることになります。同じ場所でも、ある子どもには学校の臭いがして、別の子どもには学校の臭いがしないことが、必然的に生じます。

自宅学習は家庭でしか生活できない子どもたちにとって、一つの大切で有効な選択しです。それを可能にする社会になることを望むものです。 

教師の認識違い 2003.5.26

 教師という閉じた集団、学校という閉じた場所では、教師の希望的理解が正しい理解として扱われがちです。教育を科学的にアプローチしようとする教育学も、統計という科学を用いることで、科学性を持たせようとしていますが、その統計も母集団の選択を誤って使用したなら、そこには普遍性は無くなってしまいます。統計という道具を使った、教育に関する、単なるお遊びになってしまいます。

 ある相談を受けました。
 新学年になり、担任の教師が変わり、最近「学校で気持ち悪くなる」と言い出しました。病院につれていったところ、「病気はない」と言われました。学校からの連絡にも、「新学年になって、クラスの子ども達が勉強に集中していない。」と書いてありました。新学年になって、「目をぱちくりする癖」が気になります。今までそのような癖はありませんでした。担任の教師との家庭訪問があり、教師もその癖が気づいていて、「ストレスからくることがあるんですが、なにか気づくことはないですか?」と聞かれましたが、家庭内では特に何かあったわけではありません。教師は、「毎日一時間勉強することにしていますが、4年生にはそれはキツイかもしれませんよ」と言いました。子どもの学校での様子は、「授業中もしっかりと発言していて、休み時間も外で元気に遊んでいる」とのことでした。

 この子どもはストレスから身体症状を出しています。それは胃腸症状とチックです。この子どもと同じようなことがクラスの中で増えてきているのは、担任の教師の学級運営がクラスの子ども達にストレスを与えているからです。教師自体も子ども達にストレスを与える可能性を知っていますが、子どもたちの不登校が、その教師の与えているストレスと結びつけていません。子ども達が受けているストレスが自分の学級運営であることに気づいていません。その原因を家庭に求めています。一生懸命子ども達を伸ばそうと思う教師の思いが、子どもの苦しむ姿の理由を他に求めさせています。子どもたちの苦しむ原因をその教師は誤解しています。

 現在の学校のあり方が、成績の良い子ども、運動が良くできる子ども、教師に良く従う子どもを求めている限り、教師方への評価も、これらの子ども達をいかに作るかにかかっています。教師が自分たちの評価を気にするのは当然のことです。教師の興味は、成績の良い子ども、運動が良くできる子ども、教師に従順な子どもに行ってしまうのは、当然でしょう。その結果教師方の見方は、自分たちの都合の良いようになってしまっています。教師にとって都合の悪い現実も、自分たちの都合の良いように解釈してしまいます。その結果、教師方の見方が間違っていたことがわかっても、担任の期間が終われば済んだことで自分には関係ないととして、忘れ去られています。教師に傷つけられて苦しむ子どもたちだけが残ってしまいます。

反論 2003.6.6

2003年5月15日の日本医師会雑誌に「思春期をめぐる諸問題ー医療と教育の立場から」という集中講座が特集されていて、筑波大学の宮本信也教授が「不登校の理解と対応」という論文を寄せている。これに対して現場の医師からの反論である。

現場から見た、小学校や中学校の子どもの不登校

 現在、不登校、引きこもりが社会の関心事になっている。しかし、診療所で子ども達を赤ちゃんから、小学、中学と子どもの成長の中で、不登校になった子ども達や不登校になりかけた子ども達(数百名)を見ていると、また、不登校や引きこもりで苦悩する母親達と密接に連絡を取りながら、不登校や引きこもりの子ども達に対応していると、今まで言われていることとだいぶ違うことが起こっている。それは小中学生の不登校では、間違いなくほぼ100%学校や学校に関係する物がストレサーになっている事実である。そして、家族との関係がストレッサーになるのは、家族が不登校の子どもに学校というストレッサーを与え続けている場合である。家族が学校というストレッサーを不登校の子どもに与えなければ、又は与えるのを止めれば、不登校の子どもにとって家族がストレッサーにならない、ならなくなっている。

 子どもが不登校になる原因はいろいろあるが、それらの原因の結果、不登校の子どもは周囲の人から見たらその程度の差は有るが、辛い事件を経験をしている。その程度の差というのは、周囲の人から見たときの判断であり、事件を経験した当人は、死ぬような思いをしている。それは不登校の子ども親との間に信頼関係を持てたとき、子どもが話してくれている。不登校の子どもにとって辛い事件とは、子どもの性格から生じた物、友達関係から生じた物、先生や部活動などによるものがある。ただ、これらの事件が有ったから、子どもが不登校になったのではなくて、これらの事件の結果、学校や学校に関係する物がストレッサーになったから、そのストレサーを回避するために、子どもは不登校になっている。大切なことは学校や学校に関連した物がストレッサーになっていて、子どもはそのストレッサーである学校や学校に関係する物を回避しようとするのであり、学校内で起こった事件が有ったから学校を回避しているのではない。だから、学校内で起こった事件を解決しても、子どもはやはり学校を回避しようとし続けるのである。

 学校や学校に関連する物がストレッサーになっているのだが、ストレスを与える度合いは物によって、また子どもによって異なる。一般に学校の概念や教室、先生が強いストレスを強く与えやすい。同じ学校でも保健室等は教室よりもストレスを与えない。

 子どもが不登校になる前に、程度の差は有るが、必ず学校への行き渋りが見られる。その際に多くの子どもは身体症状や精神症状を出す。この時期は、未だ学校や学校に関する物のストレッサーとしての機能が弱いときである。この時期に、子どもが不登校の前段階だと判断して、子どもをストレッサーから隔離する(子どもが納得するまで学校を休ませる)と、子どもは再登校を始める。不登校にならないで済む。この様に、子どもが学校へ行っていない状態でも、ストレッサーから隔離するために学校へ行かないのと、不登校で学校へ行けないのと、その内容は、その結果は大きく異なる。

 子どもが学校へ行き渋っているのに、登校刺激を与え続けると、学校や学校に関する物が強いストレッサーとして機能をし出す。また、子ども自身が学校や学校に関する物を思い出すだけでも、その事がストレッサーとして機能する。その結果子どもは全く学校へ行けなくなる。子の状態が不登校の状態である。強いストレッサーに晒されて、それから回避できないときには、子どもは強い神経症上や精神症状を出したり、暴れ出したりする。それは哺乳類に共通に見られることであり、異常ではない。哺乳類としての自然な反応である。

 この時期になると、学校や学校に関連する物がストレッサーで無くするのは大変に難しい。学校や学校に関係する物から徹底的に隔離して、学校の卒業を待ち、学校に関係しない生き方をさせるしかない。学校に関係しない生き方をしている内に、子どもの方で学校へ戻ろうとする子どもも出てくる。

 不登校の際に、子どもが出すいろいろな病的症状は、ストレッサーから回避できないために出しているのであり、病的であるが、病気ではない。それを病気として、投薬しても症状が軽くなっても、ストレッサーが存在していることに変わりはない。解決にはならない。医者としてその事に気づく必要がある。

 不登校問題は社会現象であるが、不登校の子どもに関しては、子ども一人一人の子どもの持って生まれた物、学校での事件、その結果学校や学校に関係する物がその子どもにストレッサーとして働くようになったという、個人的な心の問題であり、不登校の子どもに加わるストレッサーを回避でいないでいると、いろいろな病的神経症や精神症状を出すのであり、医者は病気でない子どもを病気として治療することは間違いであり、許されないことである。

戻る

 
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO